×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページUSBブート推進協議会 > 役に立つソフトウェア
ミラーサイト
前のページ:メーカーがブート対応を謳っているUSB製品
次のページ:USBメモリをDOS起動ディスクにする

役に立つソフトウェア ~ USBブート推進協議会

平成22年(2010年)08月24日 更新

名前 入手先 最新Ver 対応OS 簡単な説明
HP USB Disk Storage Format Tool のアイコン(207 Byte) HP USB Disk Storage Format Tool Softpediaなど
(※HP社サイトからは削除されてしまったようです)
2.2.3 Windows 2000/XP/Vista (Windows7でも問題なく動作) USBメモリなどをブートできるようにフォーマットします (必ずブートできるようになるとは限りません)。 HP社製のPC・USBメモリでなくても利用可能。 FAT、FAT32、NTFSの各フォーマット形式に対応。 DOSが起動するUSBメモリを簡単に作成することができます (DOSのシステムファイルが必要)。 別名「Windows-based Format Utility for HP Drive Key or DiskOnKey USB Device」
HP Drive Key Boot Utility のアイコン(598 Byte) HP Drive Key Boot Utility Hewlett-Packard(HP)社サイト 7.41.3790.0
(cp006049.exe)
Windows 2000/XP/2003, NetWare 6.5 USBメモリなどをブートできるようにフォーマットし、SYSLINUXをインストールします。 (必ずブートできるようになるとは限りません)。 HP社製のPC・USBメモリでなくても利用可能。
PeToUSB のアイコン(1443 Byte) PeToUSB GoCoding.Com 英語版:3.0.0.7 ドイツ語版:3.0.0.8 Windows XP/2003 (2000でも問題なく動作) USBメモリなどをブートできるようにフォーマットします (必ずブートできるようになるとは限りません)。
USB_MultiBoot.zip The CD Forum USB_MultiBoot_10.zip Windows XP 「USBメモリから WindowsXP をインストールする」
F6回避ツールのアイコン(399 Byte) F6回避ツール F6回避ツール 最新版 0.23 Rev.5 Windows 2000/XP/2003 ドライバを統合したWindowsインストールCDを作成するツールですが、 バージョンアップして、USBメモリからWindowsをインストールできる機能が搭載されたようです。
WinToFlash のアイコン(2275 Byte) WinToFlash WinToFlash - Install Windows from usb - Home page 0.6.0011 beta Windows XP/2003/Vista/2008/7 XPだけでなく、Windows7やVistaのインストールUSBメモリを作成可能。
窓の杜 - 【REVIEW】WindowsのインストールCDからインストール“USBメモリ”を簡単作成「WinToFlash」
【取り扱い注意】USBメモリブートで Windows XP をインストール する方法あれこれ - Palm84 某所の日記
USB-PE Builder のアイコン(358 Byte) USB-PE Builder (USBPE.EXE) DEKOのアヤシいお部屋。 1.33 Windows XP BartPEのUSBメモリへのインストール作業を簡略化できる。
ufdprep.exe Windows XP Embedded Feature Pack 2007 Windows XP Windows XP Embedded をUFD(USBメモリ)から起動するために、UFDをフォーマットするツール。 toolsupdateフォルダにある Windows XP Embedded Tools FP2007 Update.msp ファイルを msix.exe で展開し、出てきた PCW_CAB_Family00 というファイルを拡張子.cabを付けて解凍することで、 Feature Pack 2007 をインストールせずに入手可能。
BOOT革命/USB Memory 市販ソフト Ver.2 Windows Vista/XP/2000 インストールされているWindowsシステムをUSBメモリにコピーし、USBメモリから起動できる。 起動に必要なファイルだけを自動で取得することのできる「ファイル情報の取得、リストの作成機能」を使うことで、 USBメモリに収まるようにサイズを縮小することができる。 今回のバージョンでは、新機能「エクスターナルインストール」が搭載され、USBメモリーに直接OSをインストールできるようになりました。

トップページUSBブート推進協議会 > 役に立つソフトウェア
ミラーサイト
前のページ:メーカーがブート対応を謳っているUSB製品
次のページ:USBメモリをDOS起動ディスクにする

Created by ez-HTML