×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページUSBブート推進協議会 > Ultimate Boot CD をUSBメモリで使用する
ミラーサイト
前のページ:USBメモリをDOS起動ディスクにする
次のページ:USBメモリから WindowsXP をインストールする

Ultimate Boot CD をUSBメモリで利用する

平成20年(2008年)09月6日 更新

Ultimate Boot CD をUSBメモリへインストールする方法。 memtest86+などのメモリ検査ツール、各社HDD用の診断ツール、 その他たくさんの1FD系ツールをUSBメモリから選択起動し、利用できる。

内容の間違いやリンク切れがありましたら、指摘していただけると幸いです。 掲示板または メール にて遠慮なくお願い致します。

SYSLINUX を使用する方法

注意

用意するもの

手順

  1. HP USB Disk Storage Format Tool を使用し、USBメモリをFAT16でフォーマットする。
  2. Ultimate Boot CD の全ファイルをUSBメモリにコピーする。

    Ultimate Boot CD のISOイメージを、CDに焼くか、仮想CDにマウントするか、 ISOイメージからファイルを取り出せるソフトで開き、 すべてのファイル・フォルダをUSBメモリにコピーします。

  3. Ultimate Boot CD の isolinux フォルダ内にある全ファイルをUSBメモリのルートにコピーし、 その中の isolinux.cfg というファイルの名前を syslinux.cfg に変更する。
  4. SYSLINUX の圧縮ファイルを解凍する。
  5. コマンドプロンプトを起動し、SYSLINUX の解凍先の win32 フォルダにある syslinux.exe を、 ドラッグアンドドロップする。すると、syslinux.exe のパスが自動的に入力されるので、 USBメモリのドライブ名(例えば F:)を半角スペースを空けて追加入力し、Enterキーを押す。

参考リンク

ubcd2usb.bat を使用する方法

注意

用意するもの

手順

  1. Ultimate Boot CD のISOイメージをCDに焼くか、仮想CDにマウントします。
  2. Ultimate Boot CD の tools\ubcd2usb フォルダにある ubcd2usb.bat のショートカットを作成します。

    tools\ubcd2usb フォルダ ubcd2usb.bat

  3. ubcd2usb.bat のショートカットのプロパティを開き、リンク先に、Ultimate Boot CD のドライブ名、 USBメモリのドライブ名、-y を、それぞれ半角スペースで区切って追加。

    例では、 F: E: -y

  4. ubcd2usb.bat のショートカットを実行します。 すると、コマンドプロンプトの黒いウィンドウが表示され、USBメモリへの書き込みが始まります。 しばらくして、コマンドプロンプトのウィンドウが消えたら完成です。

    Ultimate Boot CD がUSBメモリへ書き込まれる

参考リンク

トップページUSBブート推進協議会 > Ultimate Boot CD をUSBメモリで使用する
ミラーサイト
前のページ:USBメモリをDOS起動ディスクにする
次のページ:USBメモリから WindowsXP をインストールする

Created by ez-HTML